マジメなヤツは損をスル

0
     さて…私立学校就学支援金というシステムがある。
     これは、民主党政権になって、高校無償化が行われたが、公立と私立の格差を是正する為に、私立学校の学生にも、一定額の助成を全員に行うというシステムである。
     
     ちなみに、親の所得によって加算支給請求などもできる。
     
     ところで、このシステム・・・一つ大きな欠点がある。
     何があるかというと、履修している単位1単位あたり●●●●円という形で、年度末に還付される形なのであるが・・・その上限として、保有単位が合計74単位(74単位は高校卒業に要する単位要件)に達するまでという条件がある。
     
     通常の私立学校だと、年間30単位〜40単位前後の単位を取得することとなる。
     つまり、3年目には74単位を余裕で突破して、雀の涙ほどの還付金しか戻ってこないわけである・・・が、まあそれは良いとしよう。
     通常の高校なら・・・な。
     
     近年、禿もルネサンスなんたらとかで事業に乗り出してきて増加中の、広域通信単位制高等学校だと少し話が違ってくる。
     
     通常の高校だと、ある科目を落としたりすると即留年なんていうところも多いが、通信で単位制だと、落としても翌年取得すれば良いところがほとんどである。
     
     では、何が起きるかというと・・・
     
     たとえば、年間32単位履修する学校だったとする。
     ある生徒は不まじめで1・2年生のとき単位を落としまくって、3年進級時に42単位しか持っていなかったとする。つまり、三年時に32単位取得して74単位ピッタリで卒業。
     
     一方ある生徒は、マジメで1単位も落とさずに3年進級時で64単位保有。合計96単位習得して卒業するとする。
     
     そうした場合、前者の生徒は卒業後に3年制の分として32単位分の就学支援金が還付される事となる。
     後者の生徒の場合は、進級時に64単位保有しているので10単位分しか就学支援金の還付計算の対象になって来ないわけである。
     
     どういう事だ?なんという欠陥制度だ。
     マジメな生徒がバカを見て、不まじめな生徒が得をする仕組みになっている。
     
     ちなみに、過当競争が熾烈な通信制高等学校業界では、わざわざ就学支援金を極限まで活用するために、年間の履修単位数を25単位まで削り込んでいるところも少なくない。
     この数字、高校生の年間の学習量としては、かなり危険な数字である。
    (参考までに、世界史B・国語総合・数学IA・英語Iなどは4単位である。これに芸術や体育、保健、総合など通常2単位の科目なども絡んでくる事を考えると、実質的な主要科目は3・4科目という事になる)
     どれだけ勉強しなくていいか解るであろう。
     
     通信制はバカが行くところだからと割り切ればそれでいいが、教育の本旨を見失っていないか心配である。
     
     それにしても、正直者がバカを見るシステム・・・
     本当にひどいものである。
     
     早くミンジュダン(彼らにふさわしい読みをしてみた)が下野して、こんなゴミみたいな制度が無くなりますよう
     父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
     
     えいめんっ
     


    スーパー

    0
       職場の子供たちの中には実に恐ろしいことに、友達にスーパーハカーがいる人間が三人もいる!三人も!
       
       ああ!世も末だ!
       恐ろしい限りである。若気の至りで不正アクセス禁止法を破ってしまうなど、悲劇ではないか!
       
       だから、私は友達にスーパーハカーがいるという人間の名前を、しっかりとメモしている。
       数年後に、卒業してマトモに進学なりなんなりして、その後にチラっと顔を出した時に聞くのが楽しみなのだ。
       
      「あ、そういえばさ、お前友達にスーパーハカーが居たじゃん。ほら、●●●にハッキングしたりしてるとかお前が言ってたヤツ。あいつ元気?」
       
       これを言いたい。実に言いたい。
       断じて言う!
       
       まあ、そんなに先にならなくても、そういう発言をしなくなった頃に言ってやっても良い。
       
       いやぁ、楽しみだ楽しみだ。
       
       それにしても、どうして中高生はハッカーに憧れるのだろうか。謎である。特に中二病を発現しているオタクの中高生に顕著である。
       確かに、確かにレッドマンは格好良いし、スプーキーだって素敵である。
       
       だからといって、他に格好良いものは幾らでもありそうだが…。
       
       が、翌々考えてみると、スーパーハカーの友達は、ヤクザやってる先輩と同等の存在で、若気の至りでアウトローに憧れる心に生まれる幻の存在として同じようなものだと言える。
       
       DQNの方々は、そういう現実的なアウトローに憧れる。
       が、普通の中二病のオタクの場合、自分たちをバカにするそういうDQNに対してコンプレックスがあるので、どうしても、DQNが関われないある種の知的なアウトローに目が行くわけである。
       
       そこで出てくるのがハッカーである。
       まさにオタク型アウトローを具現化した存在とも言える。
       
       でも、DQNほど度胸がなく、ハッカーらしい活動の真似事もできないし、ハッカーになるほどの学習意欲も無い。
       
       そこで出てくるのが「スーパーハカーの友達」である。
       これは最強の存在である。「友達」で、しかも「実在しない」ので、その人にハッキングの能力も知識も技術も無い事がバレることもないという完全無欠の存在である。
       
       最強である!
       もっとも、ハッカーなんてそうそう居ないという社会的な常識を持ち合わせているひとには、全く効かないという弱点がある。
       
       ちなみに、私は19年生きてきて、この間初めて、ソフトウェアのハック関係のお仕事を副業にしているという人に知り合っただけである。
       その人も、普通の技術系サラリーマンであるわけで…そういう意味では、スプーキーやレッドマンのようなスーパーハカーというのはきっと、実在しないのであろうな。
       
       ところで、スーパーハカー的な意味で最強だなと思う映画は、ダイハード4である。これ、もうハッカー・クラッカーの大安売り状態なので、バカバカしくて最高である。
       
       内容はと言うと、アメリカ人がサマーウォーズをオッサンメインで作った感じである。
       
       是非、見てみると良い。
       
       では、スーパーハカーの友人たちの健勝を
       父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
       
       えいめんっ

      特命

      0
         さて・・・妙な仕事が舞い込んだ。
         職場である行事を行った。その際に写真を撮って、広報や掲示に使える感じの素晴らしい和気あいあいとした雰囲気の写真が撮れた訳である。
         
         だが、困ったことに、その写真・・・よーく見てみると・・・。
         パで始まってツで終わるカタカナ三文字の布地が写ってしまっているのである。●校生の、女の子の…である。
         
         でも、この写真は使いたい。
         でも、使うわけにはいかない。
         
         そんなコンフリクトの果てに、私に回ってきた訳である。
         
         「これ、消して」
         
         
         確かに以前、写真に写っていてはいけない人物を、レタッチで消した事があるし、その場に居なかった人物を、レタッチで加えた事もある。
         
         何倍にも拡大して、その布地を凝視しながら、丁寧に違和感がないように、間違っても刷いてない感じにならないように・・・そこが暗くなるように修正していく作業は大変ではなかったが、何となく精神的にイヤな感じである。
         
         明日以降、その子と対面し、会話しなければならない状況の時に、私はきっとその事を思い出すに違いない。
         
         まあ、いやな仕事であった。
         
         今後また、こういう仕事を依頼される事もきっとあるであろう。
         
         たとえば、組織内で権力者の交代とか、下克上があった時に、かつては盟友のように振舞っていた仲間が写っている写真を消したりとか・・・。
         
         ありえる!大いにありえる!ウチの組織のトップはもともと、とある大学の全学連支部を率いていたらしいので、そういう旧ソ連時代の共産党的なお仕事が回ってくる可能性も大いにある!
         
         総括とかで邪魔者を始末したりしているかもしれん。そういえば、上の人が開催する会議の場では、「まとめ」や「反省会」をやたらと、「総括」と表現している。
         危険だ…非常に危険だ!
         
         そういう関係で、写真加工の仕事が回ってくるかもしれぬ!ああ!恐ろしい!
         これは早く、私が実権を奪って、組織のレッドパージを行わなければならない。(なんかDiabolicちゃんも同じ事言っていたけど・・・)
         
         権力を巡る暗闘がやたらと激しい組織で、今年から私の上司は、かつての上司の上司である。権力闘争に敗れて都落ちしてきた訳であるな…。
         
         ちなみに、今の私の職場は…私が作ったあらゆる面で便利な各種のVBAマクロ漬けにして、皆を骨抜きするという愚民化政策を執っておるので、何とかこの身は安全であるはずだが…。
         
         恐ろしい限りである。
         何とか、権力をめぐる暗闘に勝てますよう
         
         父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
         
         えいめんっ
         

        お赦しください

        0
           あああああああ、天の神様、お許し下さい。
           カードゲーム部というのが出来てしまい、担当にされてしまいました・・・今まで、さんざんナメた事言っていた小僧に、腹をすえかねて・・・私はターボジョークル(MtGをカジュアルプレイしている所に持ち込んだらドン引きされるレベルのガチデッキ)を、持ち込んでしまいました…。
           
           当たり前ですが圧勝です。
           カジュアルプレイの中速ビートダウンなんて、ターボジョークルの良い餌食です。
           圧勝して、大人の怖さを知らしめてしまいました。
           
           それはそうと、時事問題という授業をやってきた。
           とりあえず扱ったネタは、都知事の尖閣購入発言についてである。
           
           これについて、賛否を考えるわけであるが、勘違いしてはならない点がひとつある。今回、私はそれを大いに強調してきたのであるが・・・
           何かというと、購入の是非、中国との関係についてはどうでも良いのである。
           
           そもそも、これは外交問題ではなく、単なる内政上の行政区分の問題である。
           
           中国と仲良くとか、中国と共同でとかいう考え方はそもそも間違いで、あそこは日本固有の領土であるので、是非を論じるという意味では、「発言」の是非を論じるべきなのである。
           
           つまり、石原都知事の発言について「タイミング」があれで良かったか。見切り発車過ぎるのではないか。お陰で同様している人たちも居るし、中国の実力行使を早める可能性もあったかもしれない。
           
           南沙諸島の例もあるので、彼らが武力による実効支配に訴えないという保証は全くない。むしろ、してくる可能性は多いにある。
           
           そういう意味では、尖閣購入の確証や、防衛の手はずが整っていない段階での購入発言はやや浅はかだったかもしれない。
           
           とはいえ、たまたま、尖閣の地権者が350億でどう?という中国の要求を拒否するだけの、良識を持っている方だったので良かったものの、事実上日本は今まで無策であった訳なので、今回のことで具体的な動きが出てきたという意味では評価できる。
           
           中国の南沙諸島での蛮行や、ブータンとの国境問題、内モンゴル自治区の話や、東トルキスタンの話しなどをして、若者を教化した次第である。
           
           ちなみに、非常に中立的に扱っているのだが、この国の教育は全体的に重心が左寄りにあるので、中立の話をしただけでも右傾化していると言われるのが心外なところである。
           
           お前らのポジションが左曲がりなのである!と、言ってやりたいところである。
           
           はやく、あの国がウチゲバで崩れて、チベットやモンゴルやトルキスタンや少数民族の方に平和が訪れますよう、
           
           父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
           
           えいめんっ!
           天安門っ!

          マニアック

          0
             最近、恐ろしい事件が起きている。
             職場の駐輪場で、生徒の自転車にエロ本やエロDVDがブチこまれているという事件が2件も発生しているのである。
             
             最初の犯行はエロ本2冊。「熟女もの」と「人妻もの」であった。
             
             そして、それから2週間後、今度は女の子が「私のチャリのカゴに謎の黒い袋があるんですが…」と、言ってきて見にいったらなんと総計20数本のエロDVDが出てきたのである。
             
             いずれも、「熟女もの」と「人妻もの」だが、一本だけ「女子高生もの」が混じっていた。恐らく、自分の性癖に懊悩煩悶した後に、踏み出してみた勇気ある一歩だったのかもしれない。
             
             やや傾向がブレているということであるな。
             
             そうした事から鑑みるに。
             
             恐らく捨てていった人物は熟女ものという自分の異常な性癖に対して何らかのコンプレックスや危機感を抱いているのかもしれない。
             ただし、これがそこらへんのオッサンが廃棄していったものであれば、オッサンがそうした性癖に不安を持っているとは考えにくい。オッサンが捨てるとは考えにくい。
             
             そうすると、恐らく若者が己の異常性癖と決別するために捨てたのではないだろうか。
             きっとそうだ。
             
             これは、どこかの変質者がいたずらで置いていったものではない。
             熟女ものに心惹かれるエディプスコンプレックスの若者が、過去の自分と決別する為に置いていった勇気ある廃棄なのである。
             さらに言えば、いずれの作品も「巨乳熟女」だとか「巨乳人妻」といった乳房への執着が見られるタイトルだった事から考えて、口唇期に欲求が十分に満たされていなかった可能性が考えられる。
             
             つまり、母性が乏しい環境で育ったなどの可能性もあるだろう。その結果として、彼は無意識的に熟女や人妻といった性癖に傾倒していったに違いない。
             
             今はただ、犯人がまともな道を歩んでいく事を祈るばかりである。
             己の性癖を精算し、未来へと歩き始めた見知らぬ若者を応援したいと思う。
             
             どこかで、彼が頑張っていますよう
             父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
             
             えいめんっ

            たまには仕事のことを

            0
               カード部を作りたい!これで、新しく入ってくる内気なオタクの子も、円滑に交流できるはずだ!と、殊勝なことを言う連中が、それなりに集まってしまったので、カード部ができることになってしまった。職場に、TCGについて知っている人間は私しか居ないので、必然的に面倒を見なければならなくなった…。
               まあ、私は参加しなくても良いわけであるが・・・せっかくなので、実家からMtGのデッキを持ってきた。(持ってきたのはターボジョークルというガチっぷり)

               運の良いことに、局地的に私の職場の子たちの間では、MtGがそれなりに流行している。
               カジュアルプレイをターボジョークルでズタズタにして大人の力を見せてやるのだ!二度とナイたり笑ったり、MtGやろう!とか言えないようにしてやろう!
               
               
               さて、そんなわけで、カードゲーム好きの中高生は多いわけだが、それ故の恐ろしい出来事もある。
               中学時代に酷いイジメに遭っていたという者が居るのだが、当時、家に篭ってガクブルしていた彼に優しく接して遊びに来てくれる親切な男の子達が数名いた。
               彼らは何度か一緒に家で遊んで信頼を得て・・・
               
               カードをパクって、その後、音信不通になったという。
               
               早い話が、カードを一気に盗む為に、イジメで弱った心に付け入って、友達だと思い込ませて、信頼を得るという・・・計画的犯罪である。
               
               いよいよもって死ぬがよい。というレベルであるな。
               
               まあ、すぐにバレて、親と謝りに来たらしいが・・・。
               
               カードが戻っても、人間を信じる心はそう簡単に戻っては来ないようである。
               いくら厨房でも酷いにも程がある。
               
               まあ、その後の処分とか、処分の是非とかはどうでもいいのだが、「イジメは悪いこと」という風に教育しようとするのは間違っている。
               
               そんなヌルい認識ではだめなのだ。
               
               そもそも、イジメは共同体の中の異分子に向けて行われる。排外的な行為である。
               早い話が、共同体の結束や、安定、純度を護るために行われてきた社会的な行動の一つである。魔女狩りだって当然そうである。
               
               自分たちの遺伝子を後世に安定的に残すためには、肉体的・精神的に適合しない存在を排除しようというのは、恐らく本能レベルでの行動である。
               
               そうして、病的な異端を排除してきたからこそ、今日の人類の繁栄があるとも言える。
               
               「イジメは本能」
               これを認識するべきである。もちろん、計画的な信頼獲得作戦を練っての泥棒は少し経路が違うかもしれないが…それにしても、誰かをイジメるという行為は本能なのだ。
               
               「カッコワルイ」とか「良くない」とか、そういうものではない。
               誰でも、実行に移すかどうかは別として、異端に対して自分の心のなかで首をもたげてくるイジメを実行したいという本能の闇を直視していないだけで、感じているはずである。
               
               本能なので、もっと強力な束縛をもって罰していかない限り、イジメは無くならない。
               万引きみたいに、すぐ警察に引き渡すというのも有りかもしれない。
               
               とにかく、もっと物理的な教科が必要であるという事であろう。
               
               天の神様、人が本能を超克できますよう
               父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
               
               えいめんっ

              狂気のDQN

              0
                 社会に出ていって数年経つ私が世話してやったヤツが、久々に来た。
                 残念だがDQNである。
                 
                 3トン車を運転できると勘違いして運転していたら、無免許運転で免許取り消しになって、警察相手に喚いてキレて、文句を言いまくってきたと自慢げに話していた。
                 
                 ちなみに、その3トン社は仕事で運転していたわけで、彼の働いている配管会社の社長も警察に噛み付いていたようだが・・・。
                 
                 なんとも妙な業界である。
                 
                 処分がおかしいと思えるだけの正当性が自分にあると思うのであれば、異議申立てでもすれば良いではないか。
                 ただ文句を言ってキレて、何の意味があるのだろうか。
                 
                 私は生暖かい笑顔で話を聞いてやった。
                 聞けば、その社長は昼間、毎週一回ほどデリヘルに遊びに行くそうである。凄い会社である。社長が勤務時間中に風俗に行くなんて…。
                 
                 建設業界のヤバさが窺い知れるが、それで良い。これで良いと思うのだ。
                 人間誰もが、聖人君子でなければいけないわけではないし、誰もが高等教育機関に進学しなければいけないわけではない。
                 
                 中卒、高卒の人々が、そういう仕事につくことにも意味がある。
                 
                 こうして格差を固定化して、カーストを作っていくことで、社会が安定するというケースも考えられるのではないだろうか。
                 
                 ただ、働いているだけ偉い。
                 どんなDQNな言動をしていようとも、労働をして納税をしているのだから、警察に噛み付くくらいは多めに見てやろう。
                 
                 もっとも、私は知っている。
                 そいつはとても小心者のビッグマウス野郎である。
                 
                 私がちょっと厳しく言っただけで言いつけに従っておったし、友人と少し揉めただけでビビって家から出てこなくなるレベルである。
                 
                 きっと、警察で借りてきた猫のようになっておったのであろう。
                 そうして、じっと黙って叱責に耐えていたストレスを、私に向けて誇大な調子で警察に楯突いた武勇伝を騙ることで発散していたのであろう。
                 
                 ちなみに、それが方向がズレてツイッターとかに行くと、いわゆるお祭り状態になったりするわけであるな。
                 
                 日頃から私のツイートはウソですと言っておけば良いものを…。
                 
                 何はともあれ、彼が無免許運転を続けないことを祈ろう
                 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
                 
                 えいめんっ
                 
                 

                公害病

                0
                   今朝の事である。
                   プリキュアにも出演しちゃった事で有名な朝のニュース番組、モーニングバードを見ていた。
                   
                   そうしたら、火力発電の需要上昇に伴って、東京電力のLNGの調達価格の話になっておって、アメリカからシェールガスを買ったらもっと安くなるのに!という話をしておった。
                   
                   そこで、シェールガスの説明として、深い地層に「特殊な水」を圧力をかけて注入して、岩を粉砕して採掘するという説明がされていた。
                   
                   特殊な水?
                   
                   なんという言い回しだろうか。
                   論点が違うとはいえ、ニュース番組として、それを特殊な水と言ってはいけない。毒物だと言わざるを得ない。
                   
                   人体に有害な多くの有機物の入った液体であろう。
                   
                   事実、それが原因で著しい環境破壊が生まれている訳だし、そもそもシェールガスによる環境汚染は、アメリカの環境保護の為の法律の例外扱いにしていて、汚染し放題という、アメリカという民主国家の理性を疑うような悲惨な状況である事を報じなければならんであろう。
                   
                   殿様経営で値上げを押し上げる東京電力には辟易させられるが、だからといって人道的に明らかに問題があるシェールガスに喜んで飛びついたとしても、それはそれでなんだか嫌な気分である。
                   
                   電気代が安くなっても、海の向こうで社会的に発言力の低い民草の生活を犠牲にして採掘している訳である。
                   ブルガリアもフランスも採掘自体を禁止しており、この流れは今後進んでいくと思われる。
                   
                   完全に経済で行き詰まったアメリカが、苦し紛れにあがきながら、なりふりかまわぬ資源採掘に励んでいるだけである。
                   
                   確かに、金がかかるのはイヤだが…シェールガスには断固としてNOを突きつけてやらねばならぬと思うのである。
                   
                   とりあえず、モーニングバードには失望した次第である。
                   明日あたり、やっぱりあれはダメですという風になりますよう
                   
                   父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
                   
                   えいめんっ
                   
                   

                  アヘw

                  0
                     哲麺のホームページの話をしたが・・・
                     どういう偶然か、あるいは意図的か、私のお陰か判らないのだが・・・トップページを突然改装して、店主のアヘ顔が消えてしまった。
                     
                     ひょっとしたら、アヘ顔を世界に晒してしまうという、危険な行いをしていた迷える人間を救ってしまったのかもしれぬ。
                     
                     我ながら見事な善行だ。
                     
                     さて、アヘ顔といえば、明日は恒例、スマイルプリキュアの日である。
                     アヘ顔Wピースの画像が沢山ある事で有名な、キュアピースとジャンケンをする日である。
                     
                     悪役の連中は「世界よ!最悪の結末、バッドエンドに染まれ!」とか言っておるが・・・。バッドエンドというのは、元をたどればマルチエンディング形式のアドベンチャーゲームに端を発する言葉ではないだろうか。
                     
                     その理屈で行けば「世界よ!ハーレムエンドに染まれ!」とか「トゥルーエンドに染まれ!」とか、色々選択肢があるわけである。
                     
                     「世界よ!やよいエンドに染まれ!」とか…。
                     「世界よ!アヘ顔Wピースやよいエンドに染まれ!」とか。
                     
                     バッドエンド、バッドエンド言っておるが、きっと世の中には全エンディングを制覇したい人だっておるであろう!
                     バッドエンドだって大事なエンドの一つなんだ!みたいな話の展開には・・・ならんだろうな。ちなみに、スイートプリキュアは人間の負の感情の権化であるノイズに対して、寛容と赦しを以って接し受け入れる事で勝利しておったが…。
                     
                     悲劇も大事なストーリー!とか、受け入れてくれるのであろうか。
                     
                     ハッピーエンドだけじゃつまらない!という展開になりますよう
                     父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
                     
                     えいめんっ
                     
                     
                     
                     

                    創業鎌倉時代

                    0
                       近所に、36代目哲麺なるラーメン屋がオープン予定である。
                       
                       思わず、我が目を疑った。
                       さ、36代目!?
                       単純に、1代10年だとしても、江戸初期。
                       20年だとすると、鎌倉時代。
                       30年で計算すると平安時代!
                       
                       ど、どういう事であろうか。困惑しながらググってみたら、どうやらこの哲麺とかいうラーメン店は、支店に1+n代目という形で番号を割り振っているようである。
                       
                       早い話が、36号店というわけだ。
                       もっとも、ググっても出てこない番号があるので、多いように見せる為、飛ばしている番号があるか、あるいは閉店した番号があるかするのであろう。
                       
                       この方式を、一般の店舗にも取り入れると、セブンイレブンなど14000件とかあるので、14000代目セブンイレブンとかになる訳である。
                       
                       創業は仮に、1代1年だったとしても、すでに有史以前の話である。
                       
                       話はもどるが、このラーメン屋、どういう名前なのだろうか。
                       麺を哲学するという、ソフィアラーメンな感じのネーミングだろうか。
                       それとも、単に創業者が哲(トオル)さんなのだろうか。
                       
                       HPを見ても判らなかった。
                       ちなみに、ホームページはトップページに、店主の「アヘ顔」がデカデカと載っているという、現代的なテイストを多分に取り入れた斬新な作りである。
                       お店の顔とも言えるウェブサイトを、アヘ顔で飾るあたり、なかなかの店のようである。
                       
                       とりあえず、できたら一度だけいってやろう。
                       とんこつは好きだが、なんだか魚介と合わせてとか、マー油がどうこうとか言っておるので、ちょっと不安な感じがする。
                       
                       とんこつなら、ただひたすらとんこつをグツグツと煮込んだ系が良いのだが…。
                       
                       それなりの店でありますよう
                       父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
                       
                       えいめんっ


                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      このブログについて

                      フレームを利用してHPとのハイブリッドになっているが、別にブログ単体にリンクしたり、トラックバックしたりは自由である。 必ずフレームの方にリンクしてくださいとかではないのでご自由にどうぞ。 昔から何でもご自由にどうぞである。

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM