生身で宇宙は!

0

     15秒が限界だ!
     ガンダムAGEがやってくれた。
     流れ的に、MSと一緒にノーマルスーツを借りるくらいできたであろうに…。
     
     確か、NASAか何かの事故で、生身で真空中に十数秒居ても平気だったというのがあった気がするが、そんな豆知識を披露する為に、そんな無茶な脚本にしたのだろうか…。
     
     何はともあれ、宇宙空間で、ノーマルスーツ無しでMSの乗り換えをしたのは、ガンダム史上類を見ないまさかの曲芸である。
     
     さて、主人公が弱い。
     MSは強いのだが、操縦が下手くそである。
     操縦技術、状況判断、勘の良さ、どれをとっても一般兵卒レベルである。ただのガキだという点を鑑みれば、ある意味リアルな設定であるとも言える。
     ただし、MSの設計については天才である。
     
     仲間のウルフさんは強い。超強い。
     ニュータイプではないが、操縦技術も、状況判断も、大人の心も持っているナイスガイである。
     
     そういう意味では、どう考えても主人公はメカニックに専念して、ウルフさんをガンダムに載せるべきである。
     
     「MSの性能の差が〜略〜」というのを、悪い意味で身をもって証明してくれているフリット君である。パイロットとしてダメダメな彼に何か華が欲しいところであったが、めでたく「生身で宇宙空間を渡った男」となったわけである。
     
     この調子で、どんどん進んでいけばきっと強くなる。
     
     ちなみに、今、ガンダムは変な「ガンダムマックスター」みたいなパーツを装備して、超肉弾戦使用になっている。
     
     せっかくマッチョなシルエットなのに、打撃中心でもったいない。投技にも特化して欲しいところである。
     ビームラリアットとか言っている場合ではない。
     
     ビームを出すスパイク状のものを地面に置いて、そこをめがけてジャーマンスープレックス。
     股間からもビームが出るようにして、腕ひしぎ十字固めと同時に、関節を撃ちぬく。
     同じく股間からビームを出るようにして、ビクトル式回転膝十字で奇襲。関節を撃ちぬく。
     ビームメリケンサックを隠し持っている。
     ビームパイプ椅子を奪い取って振り回す。
     ビームハシゴを倒れた相手に上から叩きつけ、さらにそのハシゴめがけて自分もボディプレスをかまして、お互いにダメージを受ける。
     さらに、どうせラリアットやるなら、爆導索のような感じで、自分と敵の周囲に電流爆破有刺鉄線を回し、自ら電流有刺鉄線に背中を向けて突っ込んで、爆発と共にダメージを受けながらその勢いで相手に向かってビームラリアット。さらにまた、相手がよろよろ立ち上がってくるタイミングで、逆側の有刺鉄線に突っ込みながら「ぬおおおおおお!」とか叫んでラリアット突撃する、往復ビームラリアット。
     膝からビームを出しつつ、目の前にいるウルフさんを踏み台にして、「俺を踏み台にした!?」とか言われながら、相手の頭を膝蹴りで貫く「ウルフステップ式ビームシャイニングウィザード」
      
     そういう肉体派な配慮が求められているのではないだろうか?
     真面目なバトルはウルフさんがやってくれるので、フリットはもっとインパクト重視で行くべきである。
     そうしないと、本格的に要らない主人公である。
     
     せめて息子くらいはニュータイプでありますよう
     
     父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
     えいめんっ
     
     


    関連する記事
    コメント
    AGE見てないので詳しい話はわかりませんが、
    宇宙でノーマルスーツなし〜〜というのは、逆シャアでクェスがやっていた記憶があります。
    乗換ではないかもしれませんが…
    • 今週のMythBusters
    • 2011/12/04 10:05 PM
    マクロスでも魚捕りに行ってたような気が・・・
    • k
    • 2011/12/06 8:07 PM
    昭和プロレス好きとしてはビームサーベルの柄の方で攻撃とかビーム栓抜きを股間から取り出すギミックとかに期待しちゃいます。
    あと手からビームを出しとけばビーム地獄突きとかビームアイアンクローとかビーム脳天唐竹割りとか…
    • ペコの方が本体
    • 2011/12/11 9:11 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    このブログについて

    フレームを利用してHPとのハイブリッドになっているが、別にブログ単体にリンクしたり、トラックバックしたりは自由である。 必ずフレームの方にリンクしてくださいとかではないのでご自由にどうぞ。 昔から何でもご自由にどうぞである。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM