ガンダムAGEのラストシーン

0
     多分、地球に落とされる巨大な惑星基地をガンダム達が必死に抑えこんで何とか落下は阻止したが、生死不明。
     
     こういうシーンがあるんじゃないだろうか…。
     
     結局のところ、ガンダムAGEというのは、パチガンダム・パチZガンダム・パチZZガンダム・パチνガンダムという風に、やたら素早くガンダムが進化してく微妙なストーリーだった訳である。
     
     散々、ヴェイガン側の事情や悲しい運命で煽ってきた割に、イゼルカントを危険な選民思想家という短絡的な悪に落ち着けてしまったのが残念でならない。
     
     どうせなら、火星圏の人々の病に心を痛め、何とか生き延びるために悩みながらも戦争を決断した君主として、きちんと描いてくれればよかったのだが…。

     結局、タダの選民思想のキチガイになってしまった。
     
     特に、キオを生け捕りにしたいから「私が相手をする」と言って、仲間に手出しをさせなかったのに!
     いざ、キオのガンダムの手足を破壊して、身動きの出来ない状態にしたら「これで終わりだ!」とか言って、コックピット目掛けてビームサーベルを振り下ろしたシーンには、もはや清々しいまでのバカバカしさが漂っていて感動すら覚えた。
     
     ヤバい。かなり重度の健忘症である。
     
     結局、イゼルカントが選民思想のキチガイだったので、キオはイゼルカントには肩入れはしないが、ヴェイガンには同情的になった。連邦もヴェイガンも信じられないので、殺さないように戦う!とかいう、どっかの何とかクラインさんみたいな戦い方になったわけである。
     
     これでは面白くない。
     
     どうせなら、もっと徹底的にイゼルカントを描いて欲しかった。
     同胞の死と境遇に心を痛め、戦争を心から嫌いつつも、国民のために戦争を決断。冷徹になりきれずに、生き延びる道を作ってきた。
     毎日毎日、死んでいった自国民と殺した連邦の兵士を思い、祈り贖罪を続ける日々。
     進まぬ戦争の中で、徐々に暴君化していき、部下たちは戸惑うが、昔のイゼルカントになってほしいと願う。だが、それでは死んでいったもの達に顔向けできないではないか!みたいな感じで、誠実過ぎるが故に少しずつ狂っていく悲しい英君として描けば、もうちょっとマシだったのではないだろうか。
     
     今のイゼルカントの設定は安すぎる。
     せっかく、ヴェイガン側の事情をきちんと描いてきた今までの伏線を台無しにした選民思想である。
     
     ちなみに、イゼルカントの描き方はアレだが・・・
     以前にも書いたが、びっくりするくらいフリットの老害ぶりがリアルである。
     なまじ功をなした老人が、過去の栄光と自らのエゴと思い込みに毒されて、頑固に凝り固まった老害となっていく様が怖いくらいリアルに描かれている。
     
     絶対、モデルが居るのではないか!?フリットだけ。
     そんな思いで最近は見ている。

     これからも、フリットのイカれ具合から目が離せない!
     ガンダムAGE フリット老年編が無事に進みますよう!

     父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
     えいめんっ 

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    このブログについて

    フレームを利用してHPとのハイブリッドになっているが、別にブログ単体にリンクしたり、トラックバックしたりは自由である。 必ずフレームの方にリンクしてくださいとかではないのでご自由にどうぞ。 昔から何でもご自由にどうぞである。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM