SAO

0
     アメリカ人の手でソードアートオンラインを映像化したら。

     
    キリト:白人のオッサン38歳くらい 妻子有り 元軍人のネットワークエンジニア
        妻との関係があまり良くなく別居中。月に一回しか娘に会えない。
        別居してからはやや関係が改善してきており、結婚記念日にサプライズなプレゼントとともに関係修復を図ろうとしている。
        爆薬全般に関する知識と、隠密上陸などの技術が高い。

    ヒロイン:キリトの娘。父親が仕事でログインをしているのを知り、自分もSAOにログインして父親に会って、彼氏を紹介しようとする。

    娘の彼氏:現実で父親になかなか会えないので、SAOの中でまずは紹介してもらう予定だった娘の彼氏。ひ弱なヒョロメガネだが、頭の回転は早くゲームは上手い。

    クライン:黒人。マッチョなオッサン 妻子有り キリトの同僚 休日はトイレに座り込んで新聞を読んで過ごすのが趣味 飼い犬に嫌われている

    攻略組の人々:基本的に皆オッサン
    茅場 晶彦:ヤク中

     ソードアートオンラインのサービス開始に合わせて、実際にプレイしての異常点検のためにログインしたキリトだったが、そのままログアウトできなくなる。

    キリト「やれやれ…来月は結婚記念日だってのにこの有り様だ。とっととログアウトして帰らないとワイフに何言われるか解ったもんじゃない」
    クライン「この世界は悪くないが、新聞を読むのに適した便所が無いのと、何より新聞が無いのが最悪だ!クソッタレ!」

     二人がコンビを組んで、次々と攻略を進めていく。
     攻略組も基本的に皆、オッサンが中心でオッサンが世界を救う話になる。

     基本的にファンタジーな世界観だが、モンスターの糞尿と火山マップ付近の硫黄などから錬金術スキルで火薬を作り上げて、敵を爆殺したりする。
     

    キリト「おい!ヒョロメガネ!娘を任せた!腰抜けだなんて言って悪かったな…。お前は…立派な男だよ。うぉおおおおお!」
    ヒロイン「パパー!!!」
    クライン「いくな!お前のパパはあれくらいじゃ死なねぇ!」
    ヒロイン「はなしてぇ!」
    チュドーン!

     みたいな展開で、ボロカスになりつつも死なないオヤジ。
     最後は適当に派手に爆発させてラスボスを倒して終わりである。
     恋愛要素は無し。
     
     最後はログアウトした後、結婚記念日に娘の彼氏も招いてホームパーティーで終わり。
     
     というのはどうだろう。
     何か、色々混ざっている感じがするが…。
     とりあえず、SAO・・・恋愛要素が不要すぎる。どう考えても、あそこはアスナじゃなくてクラインとかが間に入るべきところである。
     
     なんだか、こんなこと言ってたらコテコテの洋画が見たくなってきた。個人的には、リーサル・ウェポンシリーズが好きである。
     白人と黒人のコンビものは何だかものすごく定番感がある。
     
     天の神様・・・
     ロボコップがリメイクされるようですが、ちゃんと、一番最初の、正直小学生の頃に見たらトラウマ級のあの惨殺シーンは、ロボコップの設定の一番大事な部分なので、きちんと踏襲されますよう
     父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
     
     えいめんっ

    関連する記事
    コメント
    オッサンSAOいいですね。SAOは1話がとても期待できただけに恋愛要素は蛇足だった印象があります。

    アメリカ人が作ったSAOにありそうなエピソード。
    失業してネットゲーに逃げ込んだオジサン達が、リアルの職業経験を生かしてStar Wars Galaxiesのようなゲーム内経済の基盤を構築。

    ところが攻略のめどがついた辺りで「俺達はあっちに帰っても用なしの屑さ」「こっちの世界のほうが俺の第二の人生だよ」とか言い出して急に主人公達に非協力的になるものの、「なに言ってんだ、ここまで作り上げたお前さん達が屑なわけないだろう」とオジサン同士の感動シーンを入れてラストへ向けて盛り上がる。

    ログアウト後、ホームパーティーへ向かう主人公が、都会のあちこちで汗水たらして働いて第三の人生をやり直している彼らを見かける、なんてエピローグを挿入。

    それにしてもアメリカ人SAOには絶対、特攻野郎みたいなチームギルドがばんばん出てきそう。
    • キリドッキリ
    • 2012/10/14 3:13 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    このブログについて

    フレームを利用してHPとのハイブリッドになっているが、別にブログ単体にリンクしたり、トラックバックしたりは自由である。 必ずフレームの方にリンクしてくださいとかではないのでご自由にどうぞ。 昔から何でもご自由にどうぞである。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM